MRI Research Associates
DEPARTMENTS05

技術・安全事業部
科学・安全チーム

Outline
概要

技術・安全事業部 科学・安全チームは、地震や津波などの自然災害、犯罪・事故などの人的災害、テロや原子力発電所における特殊災害など、様々な災害を対象とし、科学的知見に基づく現象解析、最新動向に基づく各種対策(発生抑制策、被害軽減策など)の立案や効果検証により、お客様の課題解決を支援しています。
また、近年は科学技術政策(特に電波政策)に関する動向調査、分析、評価などに重点的に取り組んでいます。

火山降灰シミュレーションの例

Example
事例紹介

津波解析事業

将来起きる可能性がある津波を「正しく恐れる」ために、そのリスクを数値シミュレーションにより定量化し、減災のための具体的な解決策を提案することで、災害に強い、安心・安全な社会構築を目指しています。

災害リスク対策事業

自然災害に関する様々なデータを分析し、数値計算手法を構築して、近い将来に起きることが予想される巨大地震の被害の予測をしています。

防災訓練・研修事業

様々な災害が多発している中、被害軽減に資する人材育成のため、知識や技能習得に資する研修会の企画立案、実施支援、対策要員の能力向上・評価に資する訓練の企画立案、実施、評価支援を行っています。

社会安全政策事業

犯罪・事故・テロといった脅威から安全を守るための国や各機関の取り組みについて、データや文献を活用した調査、ヒアリングなどの手段を使って分析し、新たな政策・制度や仕組みづくりに役立つための提言を行っています。

電波通信事業

近年、5GやIoTといった新たな電波利用ニーズが生まれてきたことで、周波数需要が高まっています。周波数は有限であり、需要の多い特定の周波数帯においては、既存の無線システムとの共用や再編への期待が大きくなります。このような周波数共用を実現するために、その技術基準や運用条件の調査を行っています。

Message
応募者の皆さまへ

安心・安全な社会や暮らしに貢献するための仕事をしています。安全に関する民間や官公庁向けの調査やコンサル業務に興味・関心がある方は、是非ご応募下さい。科学技術系の数値解析経験がある方も大いに歓迎です。