MRI Research Associates
DEPARTMENTS02

サステナビリティ事業部
地域創生チーム

Outline
概要

サステナビリティ事業部 地域創生チームでは、地域の汚水処理、再生可能エネルギーをはじめとする環境・エネルギー分野や、食品安全、多様な働き方、教育、介護といった保健衛生・社会福祉産業分野における調査・コンサルティング・事業管理を行っています。

地域に生きる人が生業を得て安心して生き生きと暮らせる社会の形成を志向し、人と社会の持続可能な発展に資するため、多様な専門知識とスキルを有する社員が個々の力を融合させ、調査力、提案力(ビジネス力)、データサイエンス力、マネジメント能力を強みとしたビジネス展開を行っています。また、女性が多く活躍するという特色を有するチームであり、メンバーの約7割が女性です。

Example
事例紹介

食品安全関連プロジェクト

食料品製造業は地域を支える基幹産業であり、食品を取り巻く環境は日々変化しています。私たちは、食品の安全を担保するため、施策検討の基礎となる最新の科学的情報や海外の諸制度に関する調査を行っています。また、HACCPや食品安全マネジメントシステムなどの、食品安全を担保するための仕組みについても調査しています。

地域の汚水処理施設(浄化槽)に係る現状分析・施策検討プロジェクト

平成30年現在、日本では1000万人以上の生活排水(台所排水や風呂水など)が未処理のまま放流されており、そのような世帯は地方部に多く分布しています。
当チームは、このような社会課題に基づき、地域における汚水処理施設(浄化槽)の整備・運用に係る計画策定・現状分析・施策検討などの調査・コンサルティング事業を実施しています。

メガソーラー・アセットマネジメント事業

当社は、三菱総合研究所が出資する日本各地の大規模太陽光発電所運営会社の管理業務を実施しています。太陽光発電自体に関する知識に加え、業法や一般的な企業運営(法、金融、企業会計など)の多方面にわたる知識を活用して、運営会社の資産価値最大化を図りつつ、雇用拡大などによる地域社会の活性化と再生可能エネルギーの普及・拡大に貢献しています。

子どもの学習支援事業に関する調査研究

格差拡大に伴う世代間での「貧困の連鎖」は大きな社会課題です。地域における見守りや教育は、子どもが生まれ育つ環境に左右されることなく、貧困の連鎖を断ち切る対策として重要です。当チームは、「子どもの学習支援事業」などを通じ、より効果的な子どもの学習支援事業の在り方、具体的な方法について、調査を行っています。

Message
応募者の皆さまへ

地域に山積する課題解決に向け、自発的に学び、困難に立ち向かいやり抜く力が求められています。人・社会・自然に対する関心を持ち、世の中をよくしたいという思いを共にできる方からの応募をお待ちしています。