MRI Research Associates
DEPARTMENTS10

マネジメント事業推進部

Outline
概要

近年、放射線、医療、物流など様々な分野においてイノベーションが求められ、その価値を最大化するべく、研究開発マネジメントの重要性が高まっています。研究開発マネジメントとは、求められる目的、目標、スケジュールに基づき、確実に研究開発を進行させることであり、当部が担っています。

当部は、国や研究機関が実施する様々な研究開発事業の支援や制度の実証を主たる業務としており、研究開発の計画立案の支援、研究機関の公募・選考、進捗管理・予算執行管理、研究成果のとりまとめ、外部有識者による評価、実用化支援まで幅広く行っています。

計画立案ではテーマ発掘のための国内外調査、データ分析などを行い、進捗管理では研究機関に対し専門的知見からの助言をします。また、全体を通じて関係府省、大学、企業などと連携しながら、研究開発成果の情報発信、広報活動の支援を行います。それらを実現するためには、高いマネジメント能力、深い専門性が求められます。

Example
事例紹介

放射線健康管理・健康不安対策事業(放射線の健康影響に係る研究調査事業)委託業務(2017年度)

2011年の東日本大震災に伴う原子力災害に対して、放射線の人体への健康影響に関する継続的な調査・研究の重要性が指摘され、国は2012年以来、国内外の研究機関を結集して研究を続けています。2017年度は、MRAが中心となって、この国が実施する研究事業の円滑な遂行と研究成果の達成に向けた支援を行いました。

廃炉・汚染水対策事業事務局業務・確定検査業務支援

2011年の東京電力福島第一発電所の事故を受けて、事故後の廃炉・汚染水対策の円滑な推進のため、2014年度に国家プロジェクトとして廃炉・汚染水対策事業(補助研究事業)が始まりました。三菱総合研究所(以下、略称MRI)は、事業の開始時より、プロジェクト全体の事業管理(研究機関公募、審査及び採択、研究事業の進捗状況管理、確定検査、支払い関連手続)に参画し、MRAではMRIの事業管理の業務支援を行っています。

Message
応募者の皆さまへ

当部は、三菱総研グループにおけるマネジメント事業の拡大及び関連事業の開発力強化を目的として新たに設置されました。研究開発に興味がある方、そこで得られた知見により成長したい方、また技術面のみならず実用化、技術経営に興味がある方を歓迎します。