「地層処分事業に係る社会的側面に関する研究」の応募受付について(終了)

2020年2月20日

※応募受付終了しました。

※弊社の勤務体制の変更等(詳細はこちら)に伴い、お問合せはE-mailでお願いいたします。お電話が必要な方はE-mailにご連絡先をご記入ください。

エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 俊幸)では、原子力発電環境整備機構(以下「機構」)から「地層処分事業に係る社会的側面に関する研究支援事業Ⅱ」(以下「本事業」)の運営業務を受託し、実施しております。

機構は、2018~2019年度に「地層処分事業に係る社会的側面に関する研究支援事業」を実施しましたが、こうした研究が継続的に行われ、その一層の広がりと深まりにつながるよう、本事業を実施するものです。

今回の事業では、前回の実施結果を踏まえ、

  • 研究期間を約1年8ヶ月と長期化
  • 科研費等、既存の応募様式を参考に応募手続きの見直し
  • 利益相反マネジメントの強化(応募時に過去の原子力事業に関連する研究実績の記載を求める等)
  • 研究者による意見交換・成果発表の場の充実

等、改善を図っております。

応募いただいた研究計画は、有識者で構成する「2020年度・2021年度地層処分事業に係る社会的側面に関する研究支援事業Ⅱ」運営委員会にて審査し、採択先を決定いたします。

以下の応募要領等をご確認の上、是非たくさんの応募をいただけますよう、お願いいたします。

応募要領等
応募締切2020年3月19日(木)まで(AM12:00必着)
対象者大学・公的研究機関に所属する国内研究者
研究支援期間採択決定後(2020年4月上旬頃を予定)から2021年11月
支援金額1研究あたり100~500万円(税抜)
※総額3,200万円(税抜)
応募要領
および応募書類

※「応募要領」「研究計画書作成要領」をご確認いただき、「応募書類表紙」「研究計画書」「研究経費内訳書」に必要事項を記入の上、「研究倫理に関する誓約書」を添えて、事務局メールアドレス(hlw-pmo-int@ml.mri-ra.co.jp)に提出してください。

 本事業の目的・概要等をまとめた、本事業の紹介リーフレットを公開しています。リーフレットはこちら
参考情報
2018~2019年度
実施分

2018~2019年度の第1回実施分については、下記ページをご覧ください。

地層処分の説明

地層処分の説明については、下記ページをご覧ください。

提出先およびお問い合わせ先
宛先 エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社
「2020年度・2021年度地層処分事業に係る社会的側面に関する研究支援事業Ⅱ」運営事務局
(担当:岡崎、落合、金子)
住所 〒100-6105 東京都千代田区永田町二丁目11番1号山王パークタワー5階
Tel 03-6858-3530
E-mail hlw-pmo-int@ml.mri-ra.co.jp
※本応募に関する個人情報の取り扱いについては、「個人情報のお取扱いについて」をご一読いただいてご同意の上、ご提出ください。