エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社は、現在JIS Y 20252の認証取得に向け準備を進めています。

エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社

JIS Y 20252 適用宣言書

1.エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社について

エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社(以下、「当社」という)は、市場・世論・社会調査(以下、「市場調査」という)を行う機関であり、三菱総合研究所グループの一員(株式会社三菱総合研究所の100%出資子会社)である。

当社は、1984年に三菱総合研究所のソフトウェア開発、情報技術開発を担当する目的で設立され、以降、システム開発の対象領域を拡げるとともに、三菱総合研究所の調査・研究支援業務も取り込みながら業容を拡大している。現在は、グループのコア事業であるシンクタンク・コンサルティング事業のパートナー会社として、官公庁を主としてグループ外の顧客にも、リサーチ・コンサルティングサービス、数値解析サービス及びソフトウェアサービスを提供し、事業を推進している。

2.適用する手法と準拠する附属書

当社は、あらゆる調査・データ分析手法を用いて市場調査サービスを提供しているが、本適用宣言書では「JIS Y 20252:2019 市場・世論・社会調査及びインサイト・データ分析 -用語及びサービス要求事項」の認証区分<C:調査員非介在型定量調査>を選択する。具体的には、主としてわが国の官公庁発注の統計調査等について、附属書A、B、E及びFに従ってこの規格に準拠することを宣誓する。

また、当社は以下の案件を宣誓から除外する。
「納品物が数値解析結果データのみ、またはソフトウエアパッケージのみの案件」

※なお、当社が提供する市場調査サービス全般は、三菱総合研究所グループのISO 9001認証の枠組みに組み込まれており、その体系下でのサービスプロセス管理を別途行っている。

3.宣誓する附属書の詳細

当社が適用を宣誓する附属書の詳細は、下表のとおり。

(認証区分<C>)

附属書 宣誓項目 除外項目 説明・備考
附属書A - アクセスパネルを含むサンプリング A1, A2, A3, A4 A5 アクセスパネルは非自社保有
附属書B - フィールドワーク B.1
B.4.1-B.4.2
B.8.1
左記以外 調査員非介在型定量調査のみ(主として郵送/インターネット調査)を適用対象とする
附属書E - 自記入式 全て なし
附属書F - データ管理と処理 全て なし

4.二次契約サービス

当社が二次契約する可能性があるサービスは以下のとおり。

  • 調査対象者/企業の抽出作業
  • 調査関係書類の印刷・封入・封緘・発送・返送業務
  • 郵送調査の実査部分
  • インターネット調査の実査部分
  • システム開発、システム設計
  • 調査票の回収・整理・点検・データ入力業務・廃棄
  • 事務局管理(督促、審査・照会・修正)
  • 集計・分析業務

5.適用宣言日

2021年4月1日

[ 承認者 ]

エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社 代表取締役社長 鈴木 啓史

版番号 改定年月日 発行・改定の要旨
01 2021年4月1日 初版発行
02 2021年5月10日 改定2版(会社概要・適用対象範囲の改定)