採用情報

ご挨拶

1991年のバブル崩壊以来、失われた20年を経験し、日本経済は再興途上にあります。一方で、日本社会にはエネルギー・環境問題、人口減少や少子高齢化、医療・介護の質の向上やその財政負担、地方の活力低下などの課題が山積しています。世界では貧困や健康問題、モノ不足、インフラ整備といった問題に加えて、災害による人的・経済的被害が増大しています。

このような状況下で、目指すべき将来像を示し、課題解決によって社会に貢献するのが三菱総研グループのミッションです。社員の育成も会社の重要な社会的責任であり、人と組織の持続的成長を重視しています。

当社は、三菱総研グループの情報技術研究・システム開発を担う会社として設立されたのち、システム開発からリサーチへと事業領域を拡大してきました。その後、グループ内の事業再編を経て、2006年からは調査・分析と数値解析のプロフェッショナル集団として、当グループのシンクタンク・コンサルティング事業を科学的・技術的専門性によって支えています。

当社の事業領域は、環境・エネルギー、国土交通、介護・福祉から防災、地球科学に至るまで、多岐にわたります。私たちが提供する価値は、お客様の真のニーズや問題の本質を理解し、専門性によって最適な「答え」を導き出すことにあります。

豊かで安心・安全な社会を実現するために、お客様とともに考え、お客様の課題解決を支援する。それを通して、日本や世界が抱える課題の解決に貢献していく。皆さんにとって、当社は活躍と成長の場になるでしょう。

若く活気のある当社で、ともに挑戦し成長していきませんか。
志ある皆さんの参画をお待ちしています。

代表取締役社長 瀬谷崎 裕之