ソフトウェアサービス

システム開発

日本の未来を支える、より“高品質・高効率”なモノづくり。
そのニーズに適した“高品質・高効率”な支援があります。

数理システム分野

製造業界において、開発期間の短縮、開発コストの削減、品質向上は大きな課題であり、今やITをいかにうまく活用していくかが重要なポイントとなっています。当社の設計・製造事業では、自動車、機械、電力、建設、金属など各種製造業のお客様向けに、CAE活用支援、CAE解析・評価、システム開発のサービスをご提供いたします。

CAE活用支援業務では、お客様のニーズに合わせた形でCAEのモデル作成やデータ作りといった作業を簡易的におこなえるような支援ツールのご提供や、古いワークステーションで動作していたソースコードをWindowsに移植するといったサービスのご提供をおこなっています。また、当社のCAE関連ソフトウェア販売・サポートと合わせた形でのご相談も承っています。

CAE解析・評価業務では、製品の抱える熱、応力、衝突、振動といったさまざまな問題を解決すべく、解析・評価の受託をおこなっています。

システム開発業務におきましては、設計、開発、生産管理、受発注管理など、各用途における各種情報データベースやWEBシステムの構築、業務アプリケーションの開発といったサービスをご提供いたします。

【プロジェクト事例】
CAE活用支援業務

FEMAP-APIを用いた解析支援ツールサンプル

FEMAP-APIを用いた解析支援ツールサンプル

  • 各種汎用解析コードの簡易プリ/ポストプロセッサ開発
  • FEMAP-APIを用いた解析支援ツール開発
  • CADデータから解析モデルへのデータ変換
  • 独自ソルバと汎用プリ・ポストソフトのインターフェイスプログラム開発

【プロジェクト事例】
システム移植業務

  • ワークステーションからWindowsへの移植
  • FORTRAN66/77プログラムのFortran90化
  • VB6プログラムのVB.NETへの移植

【プロジェクト事例】
システム開発業務

  • 設計支援システムの開発
  • 設計データ管理システムの構築
  • 部品表管理システム構築
  • 受発注システムの構築
  • 測定データリアルタイム表示システムの開発
  • レガシーシステム(N88-BASICなど)からのデータ移行

【プロジェクト事例】
CAE解析・評価業務

鉄製フレームの応力解析例

鉄製フレームの応力解析例

  • 機械製品用鉄製フレームの応力解析
  • 耐震構造部材の応力解析
  • 自動車車体の応力解析
  • タンカーの衝突解析
  • 粘弾性ゴムの面体接触解析
  • ガラス破損解析
  • 電柱振動解析
  • 碍子の熱応力解析
科学技術システム

近年は商用の汎用解析ソフトウェアの性能が向上しており、設計・製造分野で広く利用されるようになりました。しかし、解くべき物理現象によっては、汎用ソフトウェアを利用できないことも多々あります。また、汎用ゆえに機能が多岐にわたり、操作の習得に時間がかかることや、ごく一部の機能しか使用しないのにパッケージングされたソフトウェアを買わなくてはならないという問題もあります。当社では、さまざまな物理モデルに対する各種解析ソフトウェアの開発や、その周辺ツールの開発などをおこなっており、お客様のニーズにあった解析ソフトウェアをご提供いたします。

また、解析モデルの大規模化・高精度化へのニーズは年々高まっており、1台の計算機で解析をおこなうことが難しくなってきています。さらに、メニーコアCPUと呼ばれる1つのCPUに複数のコア(演算装置)を持つCPUを搭載した計算機が一般的となり、並列計算は身近なものになりつつあります。ひとくちに並列計算機と言っても、計算機を何台か連ねてネットワークで接続した「分散メモリ型並列計算機」から、マルチコアプロセッサ搭載の計算機のような「共有メモリ型並列計算機」などの種類が存在します。これら並列計算機の性能を引き出すためには、個々の並列計算機の特性に合わせた並列化・最適化をおこなう必要があります。当社では、既存の解析コードの並列化・最適化、列計算に関連する周辺ツールの整備、および並列性能評価などをおこなっており、お客様のソフトウェアの高速化を支援します。

res_sim_img_04_1

並列計算機のタイプの一例

【プロジェクト事例】
並列非定常熱伝導解析コードの開発および周辺ツールの整備

既存の並列非定常熱伝導有限要素解析コードに対して、取扱える有限要素形状の拡充をはかりました。また、領域分割ソフトウェア等の各種の周辺ツール群の開発や機能拡張もおこないました。このように当社では解析コードの開発や周辺ツールの開発を承っております。

【プロジェクト事例】
各種MPIライブラリの性能測定

お客様の大型計算機やPCクラスタに対して、各種の並列計算用ライブラリの導入を試み、導入の可否の判定をおこないました。また、導入した並列計算用ライブラリの通信性能を測定するプログラムを作成し、通信性能評価をおこないました。このように当社では、並列計算環境の構築、並列プログラムの開発、および性能測定などを承っております。

【プロジェクト事例】
並列連成シミュレーションのためのフレームワークの開発

流体と構造など複数の物理現象を同時に解く方法として、個々の物理現象を解く解析コードを「連成」させて解く方法があります。当社ではお客様からの要望により、このような連成解析を実現するためのフレームワークの開発をおこないました。このフレームワークでは、Fortranで開発されたプログラムとC言語で開発されたプログラムを連成させることも可能にしました。このように連成インターフェイスの開発や異なるプログラム言語で開発されたプログラムのインターフェイスの開発などに実績があります。

【プロジェクト事例】
解析コードの並列化

お客様が独自に開発された数値シミュレーションコードの計算時間の短縮や、より大規模なモデルの適用を目指して、解析コードを並列化し、計算時間の大幅な短縮を実現しました。当社では、MPIによる分散メモリ型並列コード開発や、OpenMPによる共有メモリ型並列コード開発など、さまざまなコード並列化・高速化を承っております。

情報システム分野

あらゆる分野において、業務の効率化のためには、情報の共有・一元化は必須条件の1つになっています。お客様が取扱う情報は、それぞれ異なりますので、汎用的なソフトウェア製品では業務に完全には合致いたしません。
これに対し、当社では、業務を最大限に効率化できるウェブシステムの提案・開発を承っております。開発にあたっては、お客様の業務を分析した上で設計から運用までワンストップで対応させていただきます。対象となる分野も部品管理から、受発注管理、放射線量管理等広い範囲の開発実績がございます。

【プロジェクト事例】
工具データベースの提案・設計・開発

製造業では多種多様な部品を取扱い、また、それらの部品を組立・分解する工具も多岐にわたります。製品が大型で複雑であるほど工具の適合・使用個所の紐付けを管理することは重要になります。この事例では元々表計算ソフトでこれらのデータを管理していました。表計算ソフトは気軽に取扱える一方で、データ間の関連を表現するのは得意ではありません。ある製品に適合する工具や、ある部位で使用する工具の情報が必要になったときには人手で探しており、作業者の経験に左右されるという問題がありました。

そこで、まずこれらのデータ間の関連を整理しデータベース化しました。次に、工具に詳しい作業者からのヒアリングを元に検索機能を設計・開発しました。

工具検索システム図
研修事後課題へのシステム支援

並列計算機のタイプの一例(画像をクリックすると拡大表示します。)