数値解析サービス

地球科学分野

かつては“人智を超えた”存在だった自然災害を
解明し、有効な対策づくりを支援します。

自然はその恵みにより人々に豊かな生活をもたらす一方で、地震などの自然災害により社会に深刻な被害・影響を及ぼします。自然災害から私たちの社会や財産を守るためには、自然災害のもととなる自然現象を正しく理解し、適切な対策を検討・策定する必要があります。

当社では、自然現象を正しく理解するための、地震、津波、気候変動などの自然現象に関する最新の知見と数値解析の技術を有しております。
これらを活かして、お客様の要望や地域の特性に適した条件で数値シミュレーションを実施し、自然現象による影響度を解き明かし、自然災害対策へのコンサルティングなどのサービスを提案することで、社会へ貢献いたします。

  • 津波シミュレーション

    沿岸地域において、津波から人や街、重要施設を守るためには、襲来しうる津波の大きさや、それがもたらす被害を予測することが重要です。当社では、地域特性に応じた条件を計算プログラムに組み込んでシミュレーションを実施し、津波による影響評価を実施します。

    44_1

    図 左:津波・最大水位分布イメージ図/右:東北地方太平洋沖地震を再現した地殻変動量の図

  • 気候変動

    地球環境問題の一つとして、地球温暖化があります。地球温暖化は、気温や海水温度を変化させ、降水量や海面水位の変化を引き起こすと考えられています。これらの変化が生じると、生態系や人類の活動に多大な影響を及ぼす可能性があります。当社では、このような気候変動分野のさまざまなテーマ(気候変動予測、影響評価、気候変動適応策)について支援を実施しています。

    ※この他、地球温暖化に関する調査・分析もおこなっています。

  • 大気・海洋中の物質拡散

    地球環境問題や環境アセスメント分野では、大気及び海洋中の物質拡散を正しく理解することが非常に重要です。例えば、微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染、あるいはプラント排水に含まれる化学的酸素要求量(COD)や全窒素(T-N)等の移流・拡散シミュレーションをおこなうことで、人の健康の保護及び生活環境の保全のための対策を、科学的視点から検討することができます。このような科学的知見を基礎とした有効な対策づくりを支援するために、当社では、気象あるいは海洋データの統計解析を含めた物質の移流・拡散解析を実施しています。