数値解析サービス

原子力分野

原子力の安全性向上及び関係者との合意形成のために
安全評価・解析を実施します。

福島第一原子力発電所事故では燃料が溶融するような過酷な事故となり、放射性物質が環境に放出され、福島第一原子力発電所の廃炉や放射性物質で汚染された土壌等の除染や廃棄物の処理が問題になっています。また、事故により、原子力施設の規制や防災対策など見直しが進められており、継続的に安全性向上に取組む必要があります。

当社では、これまでの業務で培われた広範で高い専門性をもって、事故により放射性物質で汚染された廃棄物の処理・処分に係る放射線安全評価や原子力プラントの安全性向上に資する安全評価業務に取組んでいます。

【プロジェクト事例】
放射線安全評価

原子力施設や放射性物質を含んだ廃棄物の貯蔵施設などは被ばく線量が基準より低くなるよう設備や対策が取られています。当社では、汎用的な解析コードを用いて、原子力施設などを数値モデル化し、放射線挙動を解析・評価する知見や実績を有しています。また、以下のプロジェクト実績を有しています。

  • 放射性物質により汚染された下水汚泥の処理施設の放射線安全評価:
    福島第一原子力発電所事故により、従来の下水処理場では処理できない放射性セシウムを含んだ汚泥が大量に発生しました。当社は、三菱総合研究所と連携企業とともに汚泥の体積を減らすプロジェクトに取組んでおり、施設の設計、作業員の安全確保対策、地域住民への説明資料に資する放射線安全評価だけでなく、下水汚泥の減容化施設の放射線管理業務もおこないました。
  • 大気・海洋に放出された放射性物質による被ばく線量評価(大気・海洋中の物質拡散
  • 放射性物質により汚染された土壌を想定し、人体の臓器の形状や組成のモデルを用いた汚染土壌からの外部被ばく線量評価
  • 原子力施設の臨界安全解析や事故時を想定した状況評価支援システムの開発

【プロジェクト事例】
原子力プラントシステム安全評価

原子力発電所には、事故が起きた場合でも、燃料を冷却し、放射性物質を外へ出さない(閉じ込める)ための設備や対策が幾重にも取られています。当社では、これらの安全対策の有効性を確認するため、汎用的な解析コードを用いて、原子力発電所を数値モデル化し、事故時の発電所内部における熱流動現象を解析・評価する知見や実績を有しています。また、燃料が溶融するような過酷な事故(シビアアクシデント)を対象として、原子力発電所のリスクを確率論的に評価する手法を用いた解析に関する知見や実績も有しています。