リサーチ・コンサルティングサービス

防災分野

近い将来に発生することが予想される
災害への備えとして、お客様の実情を踏まえた
最適な準備に資する取組みをコーディネートし、
その実施をご支援いたします。

imagePhoto

課題認識

東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故では、さまざまなリスクが顕在化し、日本社会に甚大な被害・影響をもたらしました。

現在、国をはじめ企業や地域では、リスクをより精緻に分析し、さまざまなリスクに対応できるような仕組みや体制を構築し、被害や影響を最小限に留めるための取組みが進められています。

当社の視点

複数の要素が複雑に関係している現代社会において、災害に対する最適な準備を進めるためには、災害対応の全体像を踏まえておくことが重要です。

例えば、自社のみにとって最適な準備をおこなうだけでは不十分であり、ステークホルダーや社会にとって最適な準備とは何かを押さえておくことが重要です。

また、応急対策段階だけでなく、復旧・復興段階までのタイムライン全体も踏まえることが必要です。

当社のご提供サービス

当社は、地震、津波、気象災害等の自然災害や、原子力災害等の特殊災害に対し、現象のメカニズム解析から災害による被害の想定にとどまらず、被害想定を踏まえた対応計画作成、計画検証のための訓練の実施支援などのサービスや、これらの取組みを実効的なものにするため、ステークホルダー間のコミュニケーション支援もおこなっております。

上記のご提供サービスの中から、お客様の実情にあわせて取組みをコーディネートし、最適な準備をご支援致します。

ご提供サービス例

【プロジェクト事例①】
被害想定の作成支援

国や自治体では、東日本大震災を教訓として、近い将来に発生することが予想される大規模な地震や津波に対する被害想定の見直しが進められています。

当社は、内閣府専門調査会による最新の被害想定手法の考え方をベースとして、地域の特徴を十分考慮した上で、物的被害、人的被害、経済被害等の推計を実施します。

併せて、推計結果をもとに、被害軽減のための対策検討の支援もおこないます。

【プロジェクト事例②】
防災訓練コンサルティング

今日では、東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故の教訓を受け、「役に立つ防災訓練」の実施がこれまで以上に強く求められています。

当社は、災害の種類や地域特性を踏まえた訓練の企画立案支援から訓練当日の実施支援、第三者視点での評価の実施や評価結果に基づく改善提案まで、訓練のPDCAサイクルに係る一貫したサービスをご提供し、防災訓練を基軸とした災害対応力の向上に貢献します。

防災訓練のPDCAと当社がご提供可能なサービス例

画像をクリックすると拡大表示します。

【プロジェクト事例③】
防災に係る調査支援業務

被害軽減のための対策検討をおこなう上で、先進的な研究・取組みや災害事例を把握しておくことは、対策の実効性向上のためには不可欠な事項です。
当社は、災害種、国内外を問わず、防災対策に資する情報の収集、整理等も実施しております。

原子力防災に係る情報の収集、整理等の事例については「原子力分野」もご覧ください。