リサーチ・コンサルティングサービス

国土交通分野

自動車や道路の進化だけが、手段じゃない。
問題を解決し、より安全・快適な環境を生み出す
道路交通システムの創造に取組んでいます。

自動車が主要な交通手段となり100年が経過し、道路ネットワークの整備により、人々のモビリティは向上し、自動車は豊かで便利な生活を支える重要な役割を果たすようになりました。しかし、交通事故や交通渋滞、環境への影響などのさまざまな道路交通問題も依然として大きく取扱われています。

このような道路交通問題に対し、道路構造の改修や、自動車技術の向上などハード面での対応が大きく寄与していますが、当社ではITを活用したインフラシステムの構築といったソフト面からの視点でこれらの問題に取組んでいます。

image_32

特に、通信技術、デジタル道路地図技術、関連技術の標準化・仕様化のノウハウを有する当社では、ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)関連分野において、三菱総合研究所と連携し、以下のようなアプローチにより、これらの問題の解決を支援しています。

  • 諸外国におけるプロジェクト・サービスの調査・分析
    • ITSの先進プロジェクトの調査・分析
    • 導入済みのITSサービスの調査・分析
  • 最新技術動向の調査・分析
    • 路車間、車車間通信の分野における技術動向の調査・分析
    • デジタル道路地図の分野における技術動向の調査・分析
    • 自動運転関連分野における技術動向の調査・分析
    • 次世代自動車の技術動向の調査・分析
  • 国際標準化戦略の検討支援
    • ITS分野における国際標準化戦略の検討支援
  • 新たなビジネスモデルの検討
    • ITSサービス導入にあたっての市場分析・ビジネスモデルの検討
    • ITSサービス導入にあたっての関連施策立案の検討

【プロジェクト事例】
ETC関連施策の立案支援

2000年4月に一部の高速道路の料金所でサービスが開始されたETC(Electronic Toll Collection System:ノンストップ自動料金支払いシステム)は、2001年11月に全国の高速道路で利用可能となり、2014年3月末時点で利用率90%程度まで向上し、普及台数も4,600万台となりました。これにより、高速道路の料金所における渋滞はほぼ解消され、今後の一層の普及に向けた取組みが求められています。
当社ではこのような現状を踏まえ、今後のETCのさらなる普及、サービスの向上に向け、通信、セキュリティ等の技術的な検討や、海外におけるETC導入事例を調査し、施策の立案に資する検討を支援しています。

【プロジェクト事例】
ITSによる新たなサービスの検討支援

imagePhoto

1980年台に発売が開始されたカーナビゲーションシステムや、渋滞情報などをカーナビに提供するVICS(Vehicle Information and Communication System:道路交通情報通信システム)サービスの開始に加え、近年では、通信技術を活用したテレマティクスサービスが開始されるなど、道路交通問題の解決に資するさまざまなサービスが提供されてきました。

「世界最先端IT国家創造宣言」(2014年6月 IT戦略本部)にもあるように、世界で最も安全で環境に優しく経済的な道路社会の実現を目指し、交通事故死者数の減少、交通渋滞の削減のため、これらの基盤を活用した安全サービスの推進が重要となっています。

当社では、カーナビやVICS、ETC、テレマティクスなどのサービスを構築している要素技術や、各分野における先端技術の調査、アンケート等によるユーザーニーズの調査をおこない、今後展開していくべき新たなサービスの検討を支援しています。

社会・経済活動における大事な資源であり
活動を通じた受益の帰着先でもある人口。
本格的な高齢化・人口減少社会を考えるための
基礎的かつ重要なデータを整備しています。

  • 将来人口・世帯数推計
    • コーホート要因法・変化率法による将来人口推計
    • 世帯主率法による将来世帯数推計
    • 都道府県別、市町村別、小地域(町丁字、メッシュ)別
  • マクロ計量経済モデルと将来人口推計の融合
    • 外生変数として与えることが多い将来人口の内生化
    • 地域経済に応じた地域間人口移動、地域人口に応じた地域別生産を反映
32_3

人口減少・高齢化・外国人増加が進む中で、
これまでとは異なる交通政策が望まれます。
関連技術開発も見据え、
新しい交通政策推進を支援しています。

  • 公共交通導入に係わる検討
    • 公共交通導入に対する住民・利用者のニーズ調査
    • 公共交通のルート、モード、ダイヤ等の構想づくり
    • 公共交通導入の事業化方策、収支分析、効果分析
  • 新しい交通システムの実現可能性の検討
    • LRT、BRT、フルフラットEVバス、PHVバス等の市場性検討
  • バリアフリー整備のあり方の検討
    • 鉄道駅等のバリアフリー整備状況評価
    • バリアフリー整備のあり方の検討
32_3

ストラスブール(フランス)のLRT